中学生からの手紙

2日間の職場体験を終えた中学生より手紙が届きました。

「1番嬉しかったのは、子どもたちから『先生!』と言われたことです。そう呼んでくれた子どもたちがかわいくてかわいくて本当に嬉しかったです。」

「1番楽しかったのは、子どもたちと外でたくさん遊べたことです。先生方を見て、とても生き生きと働いていて、やりがいのある仕事だろうなと感じました。』

「1番印象に残ったことは、私が椅子を片付けていたら、子どもたちが手伝ってくれたことです。『みんな小さいのに優しいなあ』と感動しました。」

「運動会のリレーの練習で、ある女の子の帽子が取れました。しかし走り続けました。その後話を聞くと『リレーのチームが負けたくなかったから走った。』と言っていました。私は『みんなのために』というのは、このことなんだなあと感じました。」

「先生方も子どもたちもいつも笑顔だったので、素敵な仕事だなと思いました。私は『働く』ということは世の中を良くすることだと思いました。私も大人になったら一生懸命働き、世の中を良くしていこうと思いました。」

屈託のない笑顔で、全力で遊んでくれた中学生のみなさん。子どもたちも嬉しそうでした。この体験が将来の指針になれば、こんなうれしいことはありません。近い将来、この中から素敵な先生が現れるかもしれませんね。